ひかり電話を利用しネット通信をスムーズにする

男性

設置式通信機を見直そう

電話

タダ同然になった加入権

昔の固定電話は、電話加入権が高額なためなかなか引けないという家庭が多かったのです。固定電話を引く家はもっぱらお金持ちが多かったような気がします。固定電話がないため公衆電話を利用する人も多かったのです。電話加入権も高額で売買されていたので、解約をするときにもかなりな金額で売ることができました。それが携帯電話が普及しだしてから固定電話の人気は一気に下がってしまいました。その頃高額で購入した電話加入権も今ではタダ同然の価値になってしまったのです。今では昔の半分程度の料金で固定電話回線を引くことができますが利用率も昔のような勢いはありません。電話加入権を購入しなくても月々の使用料金を割増しすることによって固定回線を使える制度もあります。

休止にしたほうが便利

今は携帯電話を家族全員が持つような時代になったので、固定電話の使用を中止する家庭も増えてきました。しかし解約をしても支払った加入権の金額は戻っては来ません。解約より休止にしたほうが、いつかまた利用する場合が起きた時には新たに加入権を購入する必要がありません。電話局では最大10年間は自動的に預かってくれます。その契約が切れる前に新たに休止手続きを行なえば5年間は持続できます。これを5年ごとに行なっていけば継続して加入権を持っていられるのです。固定電話は、災害など大きな出来事が起きるたびに安定した回線の良さが見直されています。携帯電話が繋がりにくい時にも固定電話ならつながりやすいのです。今では非常時用に固定電話を設置するところも増えてきました。

Copyright© 2016 ひかり電話を利用しネット通信をスムーズにする All Rights Reserved.